法人ETCカード 作り方【新会社、法人、個人事業主 作成可】

法人ETCカードの作り方ってどうしたらいいの?

ETC法人カードの作り方は至って簡単です。 その作り方ですが、
まず、高速情報協同組合公式HP(←こちらをクリック)へ移動。

次に、ページ内にある申し込みのボタンを押して申し込み画面へ。
そして、必要事項を記入して申し込み内容を送信するだけです。

あとは、申し込み結果のお知らせを待つのみです。

 

ETCカードの作り方 法人

ETCカードの作り方を法人で行う場合は、高速情報協同組合を利用するのがとても簡単です。
このページの上部にある横長画像をクリックして高速情報協同組合HPから申し込みをされるのが一番良いでしょう。

クレジット機能を含まないETCカードになる分、申し込みから作成までの期間が他社よりも早くなります。
なお、複数枚の申し込みも可能です。

 

法人ETCカードを新会社設立時に作りたい場合

当サイトでオススメしている機関である高速情報協同組合では、新会社設立したての方を支援する為、クレジット機能がなくても法人ETCカードが発行可能になっています。

複数枚での申し込みも可能なので、社用車の台数分のETCカードを取得することも可能ですし、クレジット機能が無い分管理も安心です。

新設法人所有の方には、特にオススメです。

 

新設法人を支援してくれる高速情報協同組合

ETC法人カードを取得するのには、クレジット機能なしの高速情報協同組合がオススメです。

申し込み記入事項に関する審査はもちろんありますが、クレジット機能がない分、いわゆるよくあるカード会社と同じような審査基準とはちょっと違う形になります。

しかし、こういった形のおかげで、新会社設立したての方などでも複数枚の法人ETCカードを申し込みし、取得できる可能性が高くなります。

これから法人ETCカードの作り方についてお調べの方はこちらで申し込まれると、比較的高い確率でETCカードを取得できることでしょう。

 ↓

 ↓

新会社でも作れる法人ETCカード

 

法人ETCカードと共に活用しているもの

私は外出時には必ずインターネット回線を持ち歩きます。高速道路のサービスエリアなどで時間調整をする際にメールチェックなどを行うのにもとても役立ちます。

こういった回線を一つ持っている事で、日々の業務がかなり効率的に進むことも少なくないです。 私が愛用しているのは、ドコモのデータ通信サービスとBIGLOBEのWiMAXです。

WiMAXが使用できる時はWiMAXを、電波が入らない時はドコモをと使い分けています。 これにより、外出時にも隙間時間の有効活用ができます。 業種によっては、会社としてこういったデータ通信を取り入れるのも一つかと思います。

 

ETC法人カードの作り方のまとめ

法人ETCカードの作り方ですが、ETCカードを作る事が目的なのでクレジット機能なしのカードを申し込まれた方が良いかと思います。

その方が、業務上の管理も効率的だからです。

クレジット機能付きのカードですと、ETCカード以外の部分の管理も必要になってしまいます。

そういった部分の管理を軽減する為にも、シンプルにETC機能だけがついた法人カードを申し込まれるのが最良の手段だと私は考えます。

 

▼申し込み・詳細確認は今すぐこちらをクリック▼